トルクメニスタンの国家としての柱―独立と中立

トルクメニスタンは、GDP成長率において、世界で最も急速に成長している経済国の一つです。世界銀行の推計によると、世界で最も所得の高い国の一つとなっています。

独立後の数年間で、GDPは8.4倍に成長し、経済への主要な投資総額は約2,090億ドルに達しています。このうち、66.6%、約1,400億ドルが製造業に投入されました。

2,891の主要な社会・生産設備が建設され、試運転されました。

現在、燃料・エネルギー部門を除くと、国のGDPに占める非国家部門の割合は70%に達しています。

現在の世界的にネガティブな環境にもかかわらず、2020年には5.9%の国内総生産の成長を達成しました。

急速な科学技術の発展のための条件が整いました。国産初の人工衛星が宇宙に打ち上げられたことで、国際標準に則った通信システムを構築するための十分な機会が与えられました。あらゆる活動領域で、広範囲にわたりデジタル化が進んでいます。

エコロジーと環境保護、そして「グリーン経済」の発展は、政府の優先課題の一つです。同国では、気候変動の影響を緩和するために、森林の回復や土地利用の改善などの適応策を積極的に導入しています。国の大規模緑化計画「グリーンベルト」では、先進的な節水方法を用いて都市周辺に広大な森林帯が作られています。トルクメニスタンでは毎年数百万本の木の苗木が植えられており、過去20年間で約9千万本が植えられました。温室効果ガスの悪影響を軽減するための努力と、国家の緑化計画の実施が強化されます。今年はさらに3,000万本の苗を国内で植える予定です。

カラクム砂漠の中心部に唯一の湖「アルティン・アシール湖」を建設し、国内全州の灌漑地から排水を集める大規模プロジェクトが進行中です。最も複雑な水力工学システムであるこの人工貯水池の建設により、農地の再生状態の改善、土壌の劣化からの保護、排水で浸水した数千ヘクタールの土地の循環への復帰、本流・間流の集水域での耐塩性作物の栽培、牧草地への散水、漁業の発展、水資源の保護など、環境、経済、社会の緊急課題に上手く対処することが可能になりました。エコロジーを追求し、人々の生活の質を向上させるために設計されたこの野心的なプロジェクトの次の段階の建設は、現在、加速しています。

特に注意を払っているのは、住民への清潔な水の供給です。トルクメニスタンの首都アシュガバートをはじめ、すべてのベラヤットに近代的な飲料水製造プラントが建設され、現在も建設中であり、カスピ海沿岸には強力な海水淡水化プラントが建設されています。言うまでもなく、生態環境の維持・発展のために、毎年5億ドル以上の資金が投入され、さまざまな環境・水プロジェクトが行われています。

国民健康保険制度の改革と近代化に成功しました。虫下し、ポリオ、風疹、はしかなどの病気は根絶され、母子保健、診断、救急医療センターの広範なネットワークが構築され、塩はいたるところでヨード化され、鉄分や葉酸を含む小麦粉の強化が実施されました。これらの成果は国連レベルで認められており、トルクメニスタンは国際的な賞や証明書を何度も授与されています。

トルクメニスタンでは、コロナウイルスが大流行した状況下で、医療機関の業務を迅速に整理することができたことから、国民医療の持続性と効率性が証明されました。危険な感染症から国民を守るための国家システムの他のすべての部分も準備ができています。

その中でも、科学や教育の分野では、今、真のブームが起きていることは間違いありません。独立後の数年間で、知識、教育、新しいものへの渇望が人生の重要な指標となる世代が誕生しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。