ラヴロフ外相、G20サミットに合わせてバイデン大統領と話し合い

(写真:タス通信) ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外相は、G20サミットが行われているローマにて、アントニー・ブリンケン国務長官とは会談しなかったものの、ジョー・バイデン大統領とは話し合ったことを明らかにした。 10月31日、記者団からの質問に答えたラヴロフ外相は、「トニー・ブリンケンとは会っていない。というのも、ローマに来ているのかどうかさえ聞いていない。その代わり、昨日、ディナーの場でバイデン大統

続きを読む

ロシアとチェコの関係は今、重大な危機に瀕している

アレクサンドル・ズメーエフスキー 駐チェコロシア連邦特命全権大使 (翻訳:福田知代) 2021年6月22日付け、チェコの日刊紙«Haló noviny»に掲載されたインタビュー。http://www.halonoviny.cz/articles/view/55551971 «Haló noviny»:ロシアもその構成主体であったソビエト連邦に、ナチスドイツが宣戦布告なしに攻撃を行い、「バルバロッサ

続きを読む

「ストラテジック・トライアングル」と欧州

ウラジミール・バトゥーク ロシア科学アカデミー アメリカ・カナダ研究所主席研究員、歴史学博士 (翻訳:青林桂) 米国・中国・ロシアからなる「ストラテジック・トライアングル」は、世界が米国とソ連という「超大国」を筆頭とする二つの軍事・政治ブロックに分断されていた冷戦時代に地政学的現実となった。米国は、社会主義超大国であるロシア・中国の二国関係が強化されぬよう、米国が各々と最適化された関係を維持しなが

続きを読む

Quad クモの巣のように張り巡らされる同盟関係の中で

オレグ・パラモーノフ 歴史学博士ロシア外務省国際関係大学東アジアSCO研究センター主任研究員 ワシントン、ロンドン、キャンベラが9月16日に立ち上げた安全保障分野における三か国パートナーシップ(AUKUS)は、完全なる軍事同盟ではなく、むしろ「半同盟」とでもいうべきものであるが、中国の封じ込めを狙うワシントンと東京による「重なり合う同盟構想」を実現していく更なる一歩となった。アメリカ合衆国とオース

続きを読む

欧州連合は中国にとっていかなる脅威か?

ピョートル・イスカンデロフロシア科学アカデミースラヴ学研究所主任研究員、歴史学博士 欧州連合は、中国およびその貿易経済プロジェクト、投資プロジェクトとのグローバルな対立関係に突入しようとしている。ブリュッセルが主に標的とするのは、北京政府が推進する「一帯一路」だ。EUはそれに対抗して、「グローバルゲートウェイ」なるプロジェクトを立ち上げる。欧州委員会のウルスラ・フォンデルライエン委員長(ドイツ人)

続きを読む

ヴァルダイクラブ:開発と安全の挑戦に立たされるロシアとウズベキスタン

ユーリー・メンシコフ  編集委員 9月20日、タシケントで、国際ディスカッションクラブ「ヴァルダイ」とウズベキスタン共和国大統領府付属戦略地域研究所との間で、「協力の新しい歴史的段階における開発と安全の挑戦に立たされるロシアとウズベキスタン」と題した会議が行われた。最初のセッションは、中央アジアにおける改革と開発を扱い、専門家らがロシアとウズベキスタンの双方のアプローチおよび二国間関係の人的交流に

続きを読む

上海協力機構・第20回記念サミット:イランのことなど

ウラジーミル・サージン ロシア科学アカデミー東洋学研究所主任研究員、歴史学博士 上海協力機構(SCO)の記念サミット タジキスタンの首都ドゥシャンベでは9月16日から17日にかけて、第20回目となる上海協力機構(SCO)の記念サミットが開催された。タジキスタンのエモナリ・ラフモン大統領(議長)、カザフスタンのカシィム=ジョマルト・トカエフ大統領、キルギスタンのサディル・ジャパロフ大統領、パキスタン

続きを読む

ゼレンスキー、黒海におけるNATOプレゼンス拡大の重要性を指摘

ウクライナのウラジーミル・ゼレンスキー大統領は、NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長とニューヨークで会談し、黒海におけるNATO艦隊のプレゼンスの強化が重要であるとの考えを示した。ウクライナ大統領府報道部が明らかにした。 「黒海地域における安全保障強化に向けたNATOとの共同努力の重要性について、大統領は黒海におけるNATO艦隊のプレゼンスのさらなる強化、および黒海沿岸各国の相互協力の重要

続きを読む

キリル文字からラテン文字に切り替えるメリットは?

ウラジスラフ・グレヴィッチ 『国際生活』エキスパート ソ連邦の崩壊後、かつての連邦構成共和国の一部において、キリル文字からラテン文字へのアルファベット切り替えの動きが今に至るまで続いている。その最初の例となったのはアゼルバイジャンであり、また最近ではカザフスタンもそれに続こうとしている。その間、モルドバ、ウズベキスタン、トルクメニスタンがラテン文字への切り替えに取り組んだ。カザフスタン政府は201

続きを読む

『フォーリン・アフェアーズ』誌 アメリカの制裁政策は役に立っていない

アメリカの外交誌『フォーリン・アフェアーズ』が指摘するところによれば、ここ数十年のアメリカの外交政策は経済制裁という一つの手段に頼っていることが明らかだという。 「ほぼすべての外交問題において制裁という答えを出してきた。最初のバラク・オバマ政権の間、人権侵害から核兵器の拡散、領土主権の侵害に至るまで、さまざまな理由により、年平均で500の法人に対して制裁を加えてきた。ドナルド・トランプ政権になると

続きを読む