対ロシア経済制裁の中での日韓関係

オレグ・パラモーノフ歴史学博士候補、ロシア外務省モスクワ国立国際関係学大学東アジア上海協力機構研究センター上級研究員 (翻訳:安本浩祥) ウクライナ情勢が緊迫化して以降、日本は、ロシアへの制裁措置およびウクライナへの支援供与において、西側諸国と歩調を合わせている。日本はアジアの国の中でも、ロシアの外交官を国外追放した唯一の国となった。4月20日、行進曲「プラシャーニエ・スラヴゃンキ」が流れるなか、

続きを読む

インド太平洋地域におけるインド、入り組んだ利害関係

ウラジスラフ・グレヴィッチ 『国際生活』解説委員 (翻訳:安本浩祥) インドは、インド太平洋地域における島嶼国家らとの対話を活発化させ、戦略的に重要な地政学的拠点を抑えようと躍起になっている。協力関係は主に、軍事技術協力および社会経済プログラム、そして人道援助を核としている。 インドの超音速ミサイル「BrahMos」は、ロシアの「P800 オニクス/ヤーホント」に基づいて設計されたものであるが、こ

続きを読む

アフガニスタンはカオスの瀬戸際にあるのか?

アンドレイ・イサエフ、国際ジャーナリスト 歴史学博士 アフガニスタン国家の強化およびアフガニスタンでのテロリズムの克服を目指した、アメリカとその同盟諸国による長年にわたる努力は、皮肉な形で幕を閉じることとなった。国連のテロリスト・リストに掲載されている組織が、アフガニスタンの政権の座に就くことによって、幕を閉じることとなったのだ。8月15日、タリバンはカブールに入り、その後2週間で、最後のアメリカ

続きを読む

Quad クモの巣のように張り巡らされる同盟関係の中で

オレグ・パラモーノフ 歴史学博士ロシア外務省国際関係大学東アジアSCO研究センター主任研究員 ワシントン、ロンドン、キャンベラが9月16日に立ち上げた安全保障分野における三か国パートナーシップ(AUKUS)は、完全なる軍事同盟ではなく、むしろ「半同盟」とでもいうべきものであるが、中国の封じ込めを狙うワシントンと東京による「重なり合う同盟構想」を実現していく更なる一歩となった。アメリカ合衆国とオース

続きを読む

欧州連合は中国にとっていかなる脅威か?

ピョートル・イスカンデロフロシア科学アカデミースラヴ学研究所主任研究員、歴史学博士 欧州連合は、中国およびその貿易経済プロジェクト、投資プロジェクトとのグローバルな対立関係に突入しようとしている。ブリュッセルが主に標的とするのは、北京政府が推進する「一帯一路」だ。EUはそれに対抗して、「グローバルゲートウェイ」なるプロジェクトを立ち上げる。欧州委員会のウルスラ・フォンデルライエン委員長(ドイツ人)

続きを読む

上海協力機構・第20回記念サミット:イランのことなど

ウラジーミル・サージン ロシア科学アカデミー東洋学研究所主任研究員、歴史学博士 上海協力機構(SCO)の記念サミット タジキスタンの首都ドゥシャンベでは9月16日から17日にかけて、第20回目となる上海協力機構(SCO)の記念サミットが開催された。タジキスタンのエモナリ・ラフモン大統領(議長)、カザフスタンのカシィム=ジョマルト・トカエフ大統領、キルギスタンのサディル・ジャパロフ大統領、パキスタン

続きを読む

ミャンマー・スパイラル

グレブ・イワシェンツォフ 特命全権大使 (翻訳:福田知代) 歴史はらせん状に発展する――そう主張したのは、古代ギリシアの著述家・歴史家であったクセノポンである。この言説が生まれてから、約2500年。この言葉は、ミャンマー連邦共和国の現在の状況にも当てはまるだろうか。 数十年間に渡り、ミャンマーでは軍事政権が行われてきた。2008年に可決された憲法は、国内で複数政党選挙制度への道を開いたが、同時に、

続きを読む

「ASEAN独自のインド太平洋構想」と急激に先鋭化する米中対立

インド太平洋構想とは、インド洋と太平洋という2つの大洋を一体とする空間に、従来の「アジア太平洋」に代わる新たな地域秩序を形成しようとする概念である。この議論には米国・日本・オーストラリア・インドが主として関与している。停滞していた「4か国」協力の動きは中国が「一帯一路」構想を打ち出すとすぐさま活発化した。

続きを読む

現代の国際関係におけるSCOの役割:ウズベキスタンからの視点

2021年6月15日、上海協力機構(SCO)は設立から20周年を迎える。その比較的短い時間の間に、この組織はユーラシアでも最も影響力のある多国間組織の一つに成長した。中央アジアの安定と平和の確保における上海協力機構の役割は、海外の専門家たちによって様々に評価されている。

続きを読む

上海協力機構とユーラシア安全保障の課題

SCOは、一方からはロシア・カザフスタン・キルギス・タジキスタン、他方からは中国が参加し、国境地区における信頼強化と兵力の削減に合意した交渉を前身とする点を思い出してみて下さい。これが、SCOという枠組みにおいて、加盟国一帯の安全保障と安定性の強化という主題に注意が向けられている所以です。

続きを読む