『フォーリン・アフェアーズ』誌 アメリカの制裁政策は役に立っていない

アメリカの外交誌『フォーリン・アフェアーズ』が指摘するところによれば、ここ数十年のアメリカの外交政策は経済制裁という一つの手段に頼っていることが明らかだという。 「ほぼすべての外交問題において制裁という答えを出してきた。最初のバラク・オバマ政権の間、人権侵害から核兵器の拡散、領土主権の侵害に至るまで、さまざまな理由により、年平均で500の法人に対して制裁を加えてきた。ドナルド・トランプ政権になると

続きを読む

露米関係の発展と衰退 ジュネーブ会談までの過去10年間の発展を振り返って

アレクサンドル・サヴォイスキー 経済戦略研究所「持続可能な開発」センター長、准教授、政治学博士 (翻訳:中村有紗)  20世紀と21世紀の変わり目には、米ロ関係は以下のような活発な活動によって特徴付けられます。政界のエリートや外交官、例えば、ウラジーミル・プーチン氏は、首相、そして大統領として、W.クリントン米大統領と共に、1999年9月から2000年9月の一年間だけで、APEC首脳会議、G8、ニ

続きを読む

WHO IS MR BIDEN? ジュネーブ会談後も解けない謎

オレーグ・カルポビッチ ロシア外務省附属外交アカデミー 現代国際問題研究所 所長 ニキータ・トレチャコフ ロシア政治学会 エキスパート (翻訳:青林桂) ジョー・バイデンが第46代米大統領に就任してから5か月が経過した。この間、米国は様々な内政・外交課題に直面し、政府は都度迅速な対処を余儀なくされた。こうした課題に対するバイデン政権の反応は、さらにオバマ政権やトランプ政権が講じた対策と比較すること

続きを読む

メキシコ―ロシア外交関係樹立130周年

長年にわたり、芸術家、詩人、音楽家、作家、歴史家、社会活動家など、著名人の交流が増えてきた。おそらく最も有名な例は、映画監督セルゲイ・エイゼンシュテインが1930年代初頭にメキシコを訪れたことだろう。このような交流は、相互理解と協力に基づく強い絆を築き、両国民の間で豊かで実りある対話を維持するのに役立つ。これらすべてが、両国間の交流の継続性を強化し、内容を充実させ、促進してきた。

続きを読む

強制的な協力関係における建設的な対話

民間外交の歴史において、「ダートマス対話」以上に意義を持つものは存在しない。60年の歴史を誇るこの露米間の非政府運動は、その活動の基盤と様式の独自性を納得させるものである。「対話」の主な独自性は、ソビエト(のちにロシア)とアメリカの社会的・政治的エリートの非公式でのコンタクトのチャンネルとしての役割を持ちながら、両国の指導部の決定にとって、何度となく重要な情報源となったという点にある。

続きを読む

現代世界における諜報協力:挑戦と問題

100周年を迎えるロシアの対外諜報の経験は、興味深く、教訓に満ちている。1920年12月20日に設立された全ロシア非常委員会対外部(INO)は、ロシアの対外諜報活動の歴史(INO-KGB第1総局-SVR)の始まりとなった最初の自立した機関であり、すでにその活動当初から、多くの外国の諜報機関との協力関係を築いている。

続きを読む