「ストラテジック・トライアングル」と欧州

ウラジミール・バトゥーク ロシア科学アカデミー アメリカ・カナダ研究所主席研究員、歴史学博士 (翻訳:青林桂) 米国・中国・ロシアからなる「ストラテジック・トライアングル」は、世界が米国とソ連という「超大国」を筆頭とする二つの軍事・政治ブロックに分断されていた冷戦時代に地政学的現実となった。米国は、社会主義超大国であるロシア・中国の二国関係が強化されぬよう、米国が各々と最適化された関係を維持しなが

続きを読む

ゼレンスキー、黒海におけるNATOプレゼンス拡大の重要性を指摘

ウクライナのウラジーミル・ゼレンスキー大統領は、NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長とニューヨークで会談し、黒海におけるNATO艦隊のプレゼンスの強化が重要であるとの考えを示した。ウクライナ大統領府報道部が明らかにした。 「黒海地域における安全保障強化に向けたNATOとの共同努力の重要性について、大統領は黒海におけるNATO艦隊のプレゼンスのさらなる強化、および黒海沿岸各国の相互協力の重要

続きを読む

フランス外相 イギリスはいつも日和見主義

(写真:タス通信) フランスのジャン=イヴ・レドリアン外相は、オーストラリア向けの潜水艦建造契約の破棄による深刻な危機について、嘘と二枚舌を非難し、信頼の損失、さらには同盟諸国がフランスを軽んじていることについて言及した。RFIが伝えた。 ジャン=イヴ・レドリアン外相は、キャンベラおよびワシントンからフランス大使を帰国させ、フランスとアメリカ、オーストラリアの間には、「深刻な危機が存在している」と

続きを読む

メルケル首相、25年後の欧州はガスの輸入に依存しない

ドイツのアンゲラ・メルケル首相はウクライナのウラジーミル・ゼレンスキー大統領と会談し、ヨーロッパは気候中立の達成を望んでおり、25年後にはガスの必要量は今よりも大幅に少ないものになる、との考えを示した。タス通信が伝えた。 メルケル首相は、「2050年に向けて一歩一歩、ヨーロッパは気候中立を目指す。それが意味するものは、最悪でも25年後には、ロシアからヨーロッパへのガスはすでに供給されないか、もしく

続きを読む

露独首脳会談、モスクワで8月20日に開催

8月20日、ロシアのプーチン大統領とドイツのメルケル首相との首脳会合がモスクワで開催される。ロシア大統領府公式サイトが明らかにした。 そのなかでは、「様々な分野における両国の協力の現状と展望を議論し、国際問題および地域問題についても検討される」という。 7月21日、プーチン大統領とメルケル首相は電話会談を実施。ドイツと欧州連合のエネルギー安全保障を強化することを目的とする「ノルドストリーム2」は、

続きを読む

無煙炭との決別を急ぐことなかれ

明らかに、再生可能エネルギーは、この先の増え続ける世界のエネルギー需要をカバーするだけの力を持ってはいません。そしてこれは、伝統的な炭化水素への需要が、引き続き増加するということを意味しています。ヨーロッパでは、ロシアの石炭工業の発展に関わる計画に反対する機運が高まっています。

続きを読む

パンドラの箱を開けてしまったブレグジット 分離主義者の勝利が英国と欧州にもたらすもの

「ヨーロッパの選択」を発展のベクトルとしながらも、イスラムの宗教的・文化的伝統に深く根ざした正真正銘のアジアの地域大国であり続けたケマル時代のトルコの立場に、今日の英国は置かれているかもしれません。ブレグジット後のイギリスは、ヨーロッパという幹線道路の脇で、独自の道を歩こうとしたオスマン帝国崩壊後のトルコに似ているのです。

続きを読む

欧州評議会:人権保護手段のシステム

2020年11月、我々は、ヨーロッパ人権条約調印70周年を迎えた。70年の間、この条約は、欧州人権裁判所の判例によって進化し続けてきた。欧州人権裁判所の条約解釈は、我々の社会で生じる変化や、条約が採択された1950年代当時には予想できなかった状況に関連した権利に適応しうる、その「生きた手段」としての立ち位置を保障するものである。

続きを読む

ロシアと欧州評議会 – 25年間の歩み

CoEの大多数を占めるのはEU加盟国と加盟候補国ですが、ストラスブールの知名度とそこで行われる仕事の重要性という点では、ストラスブールはまだEUのブリュッセルではないと言っても良いでしょう。また、欧州評議会と欧州安全保障協力機構の間には、根本的な違いがあります。

続きを読む

「パリで行われたノルマンディー・フォーマット首脳会談から一年、ウクライナ情勢の現状と展望」ロシアとチェコの専門家による円卓会議

ノルマンディー・フォーマットの首脳会談が開かれたことは、状況打開を予感させる出来事でした。しかし、ウクライナ側は調印した約束を守らず、状況は再び振出しに戻ってしまいました。ウクライナの内戦は相変わらず、ロシアとヨーロッパの間で不和

続きを読む