オレグ・コビャコフ

世界の食糧確保だけにとどまらないFAO

2020年10月16日、国際連合食糧農業機関(FAO)は創設75周年を迎える。FAOは国連の専門機関の1つであり、食糧問題のほか、農業、林業、漁業の問題、さらには農村開発の問題に取り組んでいる。そのためFAOは、10月24日が創設記念日である「大きな国連」よりも、丸一週間も早く創設されたのである。

続きを読む
キラ・サゾノワ

長い家路:旧植民地の文化財の返還、重要な政治潮流として

植民地時代の大きな影響は、歴史や地理、国際体制のみならず、地球上における文化財の配置にも及んでいる。植民地への拡大は、西欧を中心にして世界各地に広がったわけであるから、ヨーロッパ各国の大美術館が現在保有しているコレクションが、世界各地から持ち込まれた文化財によって充実していることは当然のことだ。

続きを読む