大祖国戦争におけるソ連の調停者としての任務と現代の文化外交

ヴィクトル・オレーヴィッチ ジャーナリスト、政治学者 (翻訳:福田知代)  大祖国戦争は、旧ソ連のすべての国民、独立国家共同体のすべての構成国、さまざまな民族や教派の代表者および、さまざまな政治的・経済的・社会的制度を持つ国家の住民の歴史的記憶の中に、爪痕を残した。戦時中の出来事や、偉大な勝利へと導いたソ連人民の英雄的な努力に関する記憶を保存しようという努力は、近年、現在の反ロシア的なイデオロギー

続きを読む