アフガニスタンはカオスの瀬戸際にあるのか?

アンドレイ・イサエフ、国際ジャーナリスト 歴史学博士 アフガニスタン国家の強化およびアフガニスタンでのテロリズムの克服を目指した、アメリカとその同盟諸国による長年にわたる努力は、皮肉な形で幕を閉じることとなった。国連のテロリスト・リストに掲載されている組織が、アフガニスタンの政権の座に就くことによって、幕を閉じることとなったのだ。8月15日、タリバンはカブールに入り、その後2週間で、最後のアメリカ

続きを読む

上海協力機構・第20回記念サミット:イランのことなど

ウラジーミル・サージン ロシア科学アカデミー東洋学研究所主任研究員、歴史学博士 上海協力機構(SCO)の記念サミット タジキスタンの首都ドゥシャンベでは9月16日から17日にかけて、第20回目となる上海協力機構(SCO)の記念サミットが開催された。タジキスタンのエモナリ・ラフモン大統領(議長)、カザフスタンのカシィム=ジョマルト・トカエフ大統領、キルギスタンのサディル・ジャパロフ大統領、パキスタン

続きを読む

ザハロワ報道官、イラクなどに「小さな痕跡」を残さないよう米国に提案

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、アメリカがイラク、リビア、シリア、アフガニスタンに「小さな痕跡」を残していくことについて、それを残していかないよう提案した。これは、米国統合参謀本部のジョン・ハイテン副議長の発言に対するコメントとしてのもの。 ハイテン副議長は、イラクとアフガニスタンでの経験に基づいて、アメリカは中東でどう行動する必要があるかを理解していると指摘し、「アフガニスタンの状況とイ

続きを読む