アフガニスタンはカオスの瀬戸際にあるのか?

アンドレイ・イサエフ、国際ジャーナリスト 歴史学博士


アフガニスタン国家の強化およびアフガニスタンでのテロリズムの克服を目指した、アメリカとその同盟諸国による長年にわたる努力は、皮肉な形で幕を閉じることとなった。国連のテロリスト・リストに掲載されている組織が、アフガニスタンの政権の座に就くことによって、幕を閉じることとなったのだ。8月15日、タリバンはカブールに入り、その後2週間で、最後のアメリカ軍がアフガニスタンからの撤退を完了した。しかしそのことは、平和も、経済的な安定も、もたらすものではなかった。タリバンは多くの声明を発表しているが、それとは裏腹に、人道的な危機が迫っているというのが、専門家や政治家らの一致した意見だ。ロシアのワシリー・ネベンジャ国連代表は、「タリバンは国際社会および地域諸国との間で、実務的な協力に入る準備がある。アフガニスタンは、秩序の回復、長年の紛争からの復興という第一の課題に直面している」と指摘する [i] 。

しかし残念なことに、それらの課題はいまだに解決する様子がない。チンギスハンの言葉通り、馬に乗って世界を征服することはできても、鞍の上から世界を統治することはできないのだ。タリバンには行政統治経験が欠如しており、海外資産の凍結と、武装反対派勢力への対策がのしかかる。

(この記事はメルマガ会員限定記事です。続きはメルマガでご覧ください)


メルマガ限定で権威ある執筆陣による解説記事を配信中!

    個人情報取扱方針に同意してメルマガ会員登録を申し込む

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。