インド太平洋地域におけるインド、入り組んだ利害関係

ウラジスラフ・グレヴィッチ 『国際生活』解説委員

(翻訳:安本浩祥)

インドは、インド太平洋地域における島嶼国家らとの対話を活発化させ、戦略的に重要な地政学的拠点を抑えようと躍起になっている。協力関係は主に、軍事技術協力および社会経済プログラム、そして人道援助を核としている。


インドの超音速ミサイル「BrahMos」は、ロシアの「P800 オニクス/ヤーホント」に基づいて設計されたものであるが、これをフィリピンに対して販売したことは、まず第一に、長らく他国との武器生産競争で辛酸をなめてきたインド軍需産業にとっての一種の成功事例として見ることが出来るとともに、第二に、東南アジアにおけるインドの影響力拡大の一つの事例としてみることもできる。

インドのミサイルへはタイ、インドネシア、ベトナムが関心を示している。インドとそれらの国々の軍事技術協力は加速しており、ベトナムに対しては、海軍向けの高速船の製造および潜水艦乗組員に対する技術指導のためのファイナンスも承認されている。専門家らの見立てでは、インドの戦略的課題は依然として、東南アジア問題に中国の関心をくぎ付けにしておくことで、インド洋からの関心をそらすことにあるという。そのため、インドと東南アジア諸国との間の軍事技術協力はますます拡大することが予想される。

(この記事はメルマガ会員限定記事です。続きはメルマガでご覧ください)


メルマガ限定で権威ある執筆陣による解説記事を配信中!

    個人情報取扱方針に同意してメルマガ会員登録を申し込む

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。