トルコはなぜ、ウクライナでの自国無人機の使用に不満なのか

トルコのマスコミが「プーチン、トルコの武器に驚く」(i) と書きたてる一方で、トルコ政府は、ウクライナ南東部の武力紛争で、自国の無人機Bayraktarが使用されたことを快く思っておらず、距離をとろうとしている。ウクライナは10月26日に同無人機を使用し、「ミンスク合意には違反していない」と主張している。しかし、実際に攻撃を受けたルガンスク人民共和国の側では、接触ラインに沿っての軍用機の使用および外国の無人機の使用が禁止されている、と非難している。

トルコのメヴリュト・チャウシオグル外相は、ローマでのG20サミットに参加した中で、ウクライナが使用した軍用無人機は、トルコで生産された可能性があるものの、その使用はウクライナの問題だとコメント。チャウシオグル外相は、トルコから入手した無人機について、ウクライナは「トルコの無人機」と呼ぶべきではないとの考えを示している。(ii)  

トルコは、反ロシアで知られる「クリミヤ・プラットフォーム」に参加しているが、外相はなににそれだけ動揺するのか。筆者の見方では、今回の「トルコの武器の成功」はトルコの国益には反しており、アメリカ政府が主導する「ウクライナ・ゲーム」にトルコ政府を巻き込むことになるとみている。フランスも、ドイツも、このゲームからは距離を置いているのだ。  

(この記事はメルマガ会員限定記事です。続きはメルマガでご覧ください)


メルマガ限定で権威ある執筆陣による解説記事を配信中!

    個人情報取扱方針に同意してメルマガ会員登録を申し込む

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。