欧州評議会:人権保護手段のシステム

2020年11月、我々は、ヨーロッパ人権条約調印70周年を迎えた。70年の間、この条約は、欧州人権裁判所の判例によって進化し続けてきた。欧州人権裁判所の条約解釈は、我々の社会で生じる変化や、条約が採択された1950年代当時には予想できなかった状況に関連した権利に適応しうる、その「生きた手段」としての立ち位置を保障するものである。

続きを読む

ロシアと欧州評議会 – 25年間の歩み

CoEの大多数を占めるのはEU加盟国と加盟候補国ですが、ストラスブールの知名度とそこで行われる仕事の重要性という点では、ストラスブールはまだEUのブリュッセルではないと言っても良いでしょう。また、欧州評議会と欧州安全保障協力機構の間には、根本的な違いがあります。

続きを読む