Quad クモの巣のように張り巡らされる同盟関係の中で

オレグ・パラモーノフ 歴史学博士ロシア外務省国際関係大学東アジアSCO研究センター主任研究員 ワシントン、ロンドン、キャンベラが9月16日に立ち上げた安全保障分野における三か国パートナーシップ(AUKUS)は、完全なる軍事同盟ではなく、むしろ「半同盟」とでもいうべきものであるが、中国の封じ込めを狙うワシントンと東京による「重なり合う同盟構想」を実現していく更なる一歩となった。アメリカ合衆国とオース

続きを読む

「ASEAN独自のインド太平洋構想」と急激に先鋭化する米中対立

インド太平洋構想とは、インド洋と太平洋という2つの大洋を一体とする空間に、従来の「アジア太平洋」に代わる新たな地域秩序を形成しようとする概念である。この議論には米国・日本・オーストラリア・インドが主として関与している。停滞していた「4か国」協力の動きは中国が「一帯一路」構想を打ち出すとすぐさま活発化した。

続きを読む