Quad クモの巣のように張り巡らされる同盟関係の中で

オレグ・パラモーノフ 歴史学博士ロシア外務省国際関係大学東アジアSCO研究センター主任研究員

ワシントン、ロンドン、キャンベラが9月16日に立ち上げた安全保障分野における三か国パートナーシップ(AUKUS)は、完全なる軍事同盟ではなく、むしろ「半同盟」とでもいうべきものであるが、中国の封じ込めを狙うワシントンと東京による「重なり合う同盟構想」を実現していく更なる一歩となった。アメリカ合衆国とオーストラリアはいわいる「四カ国戦略対話」(Quad)のメンバーであり、日本とインドもそれに参加している。9月、Quadとインド太平洋構想全体に関係する重要なイベントがさらに行われた。9月10日から11日、オーストラリアとインドは初めてとなる「2+2」会談を実施したのだ(外相および国防相)。[1]

ここで指摘すべきなのは、いままでインド=オーストラリアの軸が、Quadの中でも最も弱い部分だと考えられてきたことである。1960年代の「非同盟運動」にまでさかのぼるインドの「戦略的均衡原則」は、今に至るまでニューデリー政府の外交を象徴するものとなっている。オーストラリアに関してみれば、近年、中国との経済的連携の強化を支持する勢力の影響力は顕著である。キャンベラにとって、ニューデリーの軍事的核開発もセンシティブな問題として残る。

オーストラリアと中国の関係は、キャンベラが自らの勢力圏であるとみなしている国々において、北京が自らの経済的影響力を拡大させているとの疑惑から、2018年以降悪化している。キャンベラ政府がパンデミックの原因に関して「独立した調査」の実施を呼びかけたころから、両国関係の予測不可能性は、オーストラリアが許容できるレベルを超えてしまった。[2] インドの対中国外交についてみれば、中国との国境地帯であるラダック州におけるいわいる「実効支配線」での状況激化から、軍の兵士20名が死亡したところから、関係の緊張が進んでいる。

(この記事はメルマガ会員専用記事です。続きはメルマガでご覧ください)

メルマガ限定で権威ある執筆陣による解説記事を配信中!

    個人情報取扱方針に同意してメルマガ会員登録を申し込む

    メルマガ会員限定記事

    メルマガ登録について

    ホームへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です