欧州連合は中国にとっていかなる脅威か?

ピョートル・イスカンデロフ
ロシア科学アカデミースラヴ学研究所主任研究員、歴史学博士

欧州連合は、中国およびその貿易経済プロジェクト、投資プロジェクトとのグローバルな対立関係に突入しようとしている。ブリュッセルが主に標的とするのは、北京政府が推進する「一帯一路」だ。EUはそれに対抗して、「グローバルゲートウェイ」なるプロジェクトを立ち上げる。欧州委員会のウルスラ・フォンデルライエン委員長(ドイツ人)は、この新しいプロジェクトによって、欧州連合は全世界の国々とパートナーシップを構築するチャンスを得ることになる、としている。フォンデルライエン委員長は、「モノ・ヒト・サービスを結ぶ質の高いインフラへの投資が必要であり、ヨーロッパにとって、中国の銅山と港の間に理想的な道路を建設することは意味がない」と述べている。またフォンデルライエン委員長は、中国の「一帯一路」は、債務依存を通じて北京政府の戦略的影響力を拡大するために作られたものだと指摘する。[1]

この貿易経済戦争のなかで、EUはアメリカ合衆国の支援をあてにすることができる。というのも、欧州も米国も同じような戦略を持っているからだ。しかしここに疑問も残る。それは、ドナルド・トランプ政権の時とは違って、合衆国の現政権は、中国への軍事政治的圧力をより好んでいるということだ。

(この記事はメルマガ会員専用記事です。続きはメルマガでご覧ください)

メルマガ限定で権威ある執筆陣による解説記事を配信中!

    個人情報取扱方針に同意してメルマガ会員登録を申し込む

    メルマガ会員限定記事

    メルマガ登録について

    ホームへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です