ラヴロフ外相、「クリミアプラットフォームはいつもの魔女集会」

セルゲイ・ラヴロフ外務大臣は、ウクライナで開かれる「クリミアプラットフォーム」では、欧米諸国が引き続き、キエフ政権の人種主義とファシズムを助長し続ける、との考えを表明した。 Facebook 上で直接放送を聞くことができる。

ラヴロフ外相は、「一週間後、いつもの魔女集会である『クリミアプラットフォーム』が開催される。欧米諸国はそこで、ウクライナ政府によるネオナチズム的、人種主義的風潮を助長することになるだろう」と語った。

ラヴロフ外相はまた、2014年も欧米諸国はウクライナにおける「あからさまな過激民族主義的・ネオナチ的クーデター」を誘発し、ロシアへの編入を決定した住民投票の結果を認めなかった、と指摘した。

メルマガ限定で権威ある執筆陣による解説記事を配信中!

    個人情報取扱方針に同意してメルマガ会員登録を申し込む

    メルマガ会員限定記事

    メルマガ登録について

    ホームへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です