露独首脳会談、モスクワで8月20日に開催

8月20日、ロシアのプーチン大統領とドイツのメルケル首相との首脳会合がモスクワで開催される。ロシア大統領府公式サイトが明らかにした。

そのなかでは、「様々な分野における両国の協力の現状と展望を議論し、国際問題および地域問題についても検討される」という。

7月21日、プーチン大統領とメルケル首相は電話会談を実施。ドイツと欧州連合のエネルギー安全保障を強化することを目的とする「ノルドストリーム2」は、純粋な商業プロジェクトであり、ドイツ側がこの実現に依然として前向きな姿勢であることをプーチン大統領は確認している。報道資料によれば、「メルケル首相は、ワシントンで行われたアメリカのバイデン大統領とのパイプラインに関する協議の結果を報告し、プーチン大統領も自らの考えを伝えた。別の議題として、両国首脳は、ウクライナ領内を通過するガス輸送に関する『ガスプロム』と『ナフタガス・ウクライナ』との合意を2024年以降も延長する可能性に触れた」という。

メルマガ限定で権威ある執筆陣による解説記事を配信中!

    個人情報取扱方針に同意してメルマガ会員登録を申し込む

    メルマガ会員限定記事

    メルマガ登録について

    ホームへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です