ラヴロフ外相、G20サミットに合わせてバイデン大統領と話し合い

(写真:タス通信)

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外相は、G20サミットが行われているローマにて、アントニー・ブリンケン国務長官とは会談しなかったものの、ジョー・バイデン大統領とは話し合ったことを明らかにした。

10月31日、記者団からの質問に答えたラヴロフ外相は、「トニー・ブリンケンとは会っていない。というのも、ローマに来ているのかどうかさえ聞いていない。その代わり、昨日、ディナーの場でバイデン大統領と話すことができた」と語った。

10月6日、アメリカ側の提案により、ラヴロフ外相とブリンケン国務長官との間で電話会談が開かれていた。

会談では、イランの核問題をめぐる包括的共同行動計画の完全な履行の再開についての意見交換が行われたとともに、両国間の多岐にわたる問題が議論された。

メルマガ限定で権威ある執筆陣による解説記事を配信中!

    個人情報取扱方針に同意してメルマガ会員登録を申し込む

    メルマガ会員限定記事

    メルマガ登録について

    ホームへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です