ブルガリア、ワクチン接種の判断ミスにより1万人が死亡

ブルガリアのストイチョ・カツァロフ保健大臣は、国民へのCOVID-19ワクチン集団接種の判断ミスにより、約1万人が死亡したことを明らかにした。タス通信が伝えた。 カツァロフ保健大臣は、「ブルガリア政府はワクチン集団接種において、60歳以上の高齢者および重篤な疾患を持つ患者への優先的接種を実施しなかった。専門家らの意見によれば、この判断ミスにより、パンデミックの第二波で約1万人が死亡した。このうち約

続きを読む

新型コロナウイルス対応におけるWHOの役割:パンデミック1年目の結果

COVID-19パンデミックは、まずインフルエンザなど一連のウイルス感染症が流行している地域で新種の感染症として発生し、その数か月後には世界的現象となり、政府や国際機関に深刻な問題を提起した。パンデミックは、純粋な医療の範疇を超えたあらゆる専門機関や国際機関に対する挑戦でもある。

続きを読む

COVID-19状況下におけるデジタル外交発展の新たな傾向

 確信を持って言えるのは、デジタル外交はこの10年間で、主に国家のポジティブなイメージと「ソフトパワー」のコンセプトを促進する目的と結びつけられた、まだ形のはっきりとしていない現象から、完全なる戦略へと大きく姿を変えたということである。とりわけ、デジタル外交のツールの再評価がなされた。仮に、かつては、ターゲットであるユーザーを対話や説得によって誘い込むことが基本的に重要視されていたとすれば、

続きを読む