ラヴロフ外相:西側はロシア周辺に不安定の帯を作ろうとしている

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外相は声明を発表し、西側諸国はロシアの周辺情勢を不安定化させようとしており、それにはフェイクの力も借りようとしている、との考えを示した。リアノーボスチ通信が伝えた。 「ロシア連邦下院選挙が行われる外交的条件」と題したウェビナーに登壇したラブロフ外相は、「我々の周りには不安定の帯が作られようとしており、隣国と我々の兄弟諸民族に対して、西側の味方か、それともロシアの側か、とい

続きを読む

第11回国際ヤルタ会議「旧ソ連地域での現在の統合プロセスの特徴」が開催

『国際生活』主催の第11回国際ヤルタ会議を開催いたします。今年はCOVID-19のパンデミックのなかでの開催となります。状況が正常化してきているおかげで、こうしていつも通り、黒海に臨むヤルタに集まって、旧ソ連地域における統合の問題を議論することができます。

続きを読む

ロシア連邦共和国外務大臣セルゲイ・ラヴロフより外交官の日に向けた祝辞

本日は記念すべき外交官の日です。この専門職の記念日を心からお祝い申し上げます。祖国に仕え、国益保護の為に世界的な活動領域で献身した人々に、そして、寸暇を惜しまず、家庭や家族を離れ、厳しい気候条件や複雑な軍事的・政治的事情を有する国々で働く覚悟を有する人々に祝意を表します。

続きを読む