上海協力機構・第20回記念サミット:イランのことなど

ウラジーミル・サージン ロシア科学アカデミー東洋学研究所主任研究員、歴史学博士

上海協力機構(SCO)の記念サミット

タジキスタンの首都ドゥシャンベでは9月16日から17日にかけて、第20回目となる上海協力機構(SCO)の記念サミットが開催された。タジキスタンのエモナリ・ラフモン大統領(議長)、カザフスタンのカシィム=ジョマルト・トカエフ大統領、キルギスタンのサディル・ジャパロフ大統領、パキスタンのイムラン・ハン首相、ウズベキスタンのシャフカト・ミルジエエフ大統領、オブザーバーとして、イランイスラム共和国のエブラヒム・ライシ大統領、来賓として、加盟国ではないトルクメニスタンのグルバングリ・ベルディムハメドフ大統領が参加した。中華人民共和国の習近平国家主席、インドのナレンドラ・モディ首相、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はオンラインで遠隔参加した。

主な議題となったは、イランをSCOの正式メンバーに迎えるための手続きの開始、サウジアラビア、エジプト、カタールの対話パートナーとしての地位の承認、COVID-19対策、アフガニスタン情勢であった。

サミットの結果として、結成20周年を記念するドゥシャンベ宣言に調印した。そのなかではSCOの政治的基本原則がうたわれているほか、国際安全保障および地域安全保障の実現のための協力が優先されることが強調されている。また、アフガニスタン情勢における協力、COVID-19に対する闘い、テロリズム、分離主義、過激主義、麻薬ビジネス、組織犯罪、汚職に対する闘い、情報分野における安全、国防分野および法務分野における相互協力についても同様である。宣言のなかでは、多くの分野における経済貿易協力、ビジネスおよび金融における協力、輸送、エネルギー分野における協力も触れられている。なかでも大きな注意が向けられているのが、人権、国家間の平等、政治経済における女性の役割、環境、教育、保健、スポーツ、観光などの人道分野における協力である。

ドゥシャンベでは合わせて30の協力に関する合意が調印された。

SCOの歴史を簡単におさらい

2001年6月15日に設立され、その前身は1996年からあった「上海ファイブ」(ロシア、中国、カザフスタン、キルギス、タジキスタン)である。上海ファイブにウズベキスタンが加盟することでSCOとなった。活動範囲は、経済、文化、安全保障におよび、特にSCOではテロリズム、分離主義、過激主義を「三つの悪」と呼んで、対策を進めた。

(この記事はメルマガ会員専用記事です。続きはメルマガをご覧ください)

メルマガ限定で権威ある執筆陣による解説記事を配信中!

    個人情報取扱方針に同意してメルマガ会員登録を申し込む

    メルマガ会員限定記事

    メルマガ登録について

    ホームへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です