キリル文字からラテン文字に切り替えるメリットは?

ウラジスラフ・グレヴィッチ 『国際生活』エキスパート

ソ連邦の崩壊後、かつての連邦構成共和国の一部において、キリル文字からラテン文字へのアルファベット切り替えの動きが今に至るまで続いている。その最初の例となったのはアゼルバイジャンであり、また最近ではカザフスタンもそれに続こうとしている。その間、モルドバ、ウズベキスタン、トルクメニスタンがラテン文字への切り替えに取り組んだ。カザフスタン政府は2017年に、キリル文字からの切り替えを「国民が解決しなくてはならない原則的問題」と宣言した(1)。つまり、カザフ語とカザフ文化のラテン文字化の考えを捨てるつもりはないということだ。

ラテン文字への切り替えを支持する人々の意見は、あまり論理的ではないように思われる。よく引き合いに出されるのがトルコの例だ。トルコでは実際にラテン文字のアルファベットが比較的簡単に定着したが、この「比較的簡単に」というプロセスは10年でというわけにはいかないのだ。

トルコは国境を接するヨーロッパに近づこうとした。歴史的にギリシャやブルガリアなどの隣国と複雑な関係にあったトルコは、キリル文字へと移行することは不可能だった。なぜならキリル文字の創設者であるキュリロスとメトディウスは、ギリシャに住んでいたブルガリア人であるからだ。トルコは数世紀にわたって、イスラム世界の覇権をアラビア人およびペルシャ人たちと争ってきた。そのため、新しいアルファベットとしてアラビア文字やペルシャ文字を使うことはできなかった。一方で、トルコは西欧諸国とはよく同盟関係を結んだことから、新しいアルファベットとしてラテン文字が選ばれたのであった。

(続きはメルマガでご覧ください)

メルマガ限定で権威ある執筆陣による解説記事を配信中!

    個人情報取扱方針に同意してメルマガ会員登録を申し込む

    メルマガ会員限定記事

    メルマガ登録について

    ホームへ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です