連邦国家の20年 成果と教訓

アレクサンドル・ストッペ

連邦国家常任委員会組織分析部部長、連邦国家開発問題学界委員会委員、MGIMO教授

(翻訳:中村有紗)

2019年12月、「連邦国家の創設に関する条約」の締結から20周年を迎えました。この条約で宣言された連邦国家の目標は、単一の経済・人道・情報・輸送空間の創設、市民の基本的権利と自由の平等、協調的な外交・防衛政策の実施、単一の法制度の形成、協調的な社会政策の実施、連邦国家の安全の確保であり、加盟国の主権平等の原則に基づいた新しいタイプの国家間連合を創設するものでした。このような形式は、国際的にまだどこにもありませんでした。

20年という歴史はあっという間でした。当然のことながら、連邦国家が形成される過程では、両国の主権があり、利害が必ずしも一致しないため、長い交渉を経なければ解決できない問題があり、定期的に問題が発生します。

連邦国家を発展させるためには、双方から働きかけ、お互いに歩み寄る方法を模索し、両国民に理解され、求められる統合の枠組みを作る必要があります。私たちがかつて一つの国に住んでいたとしても、その記憶が、子や孫が連邦国家に住みたいと思うことを保証してくれるとは思えません。そうではなく、生活環境や考え方、政治が変わり、国自体が変わり、新しい世代が育っているのです。最近のベラルーシでの出来事は、それをはっきりと証明しています。

共通の経済的、人道的、社会的、情報的、科学技術的、防衛的空間に基づいた善隣友好関係を維持するためには、大きな努力が必要であると思います。

ロシアにいるベラルーシ人とベラルーシにいるロシア人は、ロシア帝国とソビエト連邦の両方で何世紀にもわたってそうであったように、自分の国の中にいるかのように感じるのです。

連邦国家の領土内にいるベラルーシ人とロシア人は、平等な権利、社会的保証、移動の自由、雇用、医療・教育サービスの平等な利用を享受しています。労働許可証を取得する必要はありません。退職年金受給のための勤務年数も相互に互換が認められています。

知っている人は当たり前のように使っていて、それが「天からの贈り物」ではなく、努力の成果であることに気づかないのです。

大祖国戦争勝利75周年の記念すべき年に、具体的な行動を通じてベラルーシとロシアの人々の統一性を維持するための活動が、ファシズムに対する英雄的な闘争への賛辞であり、将来の世代のために大勝利の歴史的遺産の現代的な基盤を構成していることを、特に指摘したいと思います。

今日、私たちは急速に変化する世界に生きている、ということが繰り返し言われています。政治的なパワーバランスが変化し、新しい技術体系が生まれています。第5次技術革命、5Gテクノロジー、ユビキタスデジタル化、人工知能などがすでに話題になっています。そして、私たちの未来は、ベラルーシとロシア、そして連邦国家の私たちが、これらのプロセスにどれだけ効果的に対応するかにかかっていて、これらのプロセスから「脱落」せず、あとから追いかける立場にならないようにすることです。

私たちの国には、共通の歴史的過去、文明の統一、共同作業の経験の蓄積、物質的・技術的基盤、学術教育施設、高度に専門的なスタッフ、勤勉で寛容な人々など、そのために必要なすべてのものが揃っています。

この点で、連邦国家プログラムの役割を見逃すことはできません。両国の先進的な科学・生産チーム、大学、医療機関、軍産複合企業、若者を含むあらゆる世代の代表者など数十名が、その策定と実施に携わっています。

そのほとんどが、宇宙開発、エレクトロニクス産業、情報システム、新しい素材や装置などの分野で、革新的な製品や画期的な技術を生み出すことを目的としたプログラムなのです(連邦国家の設立以来、約60のプログラムが実施され、現在も実施されている)。同時に、ロシアとベラルーシの共同プロジェクトは、第一に、科学技術力の強化、新しい知的資源と能力の創造です。その実施により、具体的な結果が得られ、実際に適用され、統合の有効性が確認されています。

両国の共通の科学技術空間の形成を科学的に支援するのは、連邦国家の発展の問題に関するアカデミー間協議会によって行われています。その主な目的は、ベラルーシとロシアの科学アカデミーの活動を調整し、連邦国家内の科学研究の予測と発展を図ることです。

これまでの連邦国家づくりの成果を無駄にすることはできません。これまで以上に、私たちの統合には、人々が理解できる前向きなアジェンダが必要です。実際のところ、問題にも直面しています。この会議の性質上、私は率直に申し上げますが、私の意見は私の国の公式見解とは一致しないかもしれません。

ロシアとベラルーシの関係をさまざまなレベルで検討する際には、しばしば二国間のフォーマットが優先されます。その場合、連邦国家の枠組みの外に二国間関係が位置づけられます。一方で、連邦国家とユーラシア経済連合を比較すると、連邦国家の統合レベルのほうがはるかに高いのですが、ベラルーシとロシアの二国間関係は依然として連邦国家と別に存在しています。

残念ながら、いくつかの問題に関する省庁の活動では、結果よりもプロセスが優先されています。採択された決定事項は実行されているようで、プロセスは進行中ですが、結果は実質的に「地平線」です。 実際、リアルタイムで連邦国家建設に責任を持つ唯一の組織である連邦国家常任委員会の法的主体性の欠如が大きく影響していると思われます。

また、いくつかの問題は、国益ではなく、省庁の利益、企業の利益に影響されていたことも指摘しておきたいと思います。そのためか、”made in the Union State” のプロジェクトが実施されず、統一ビザの導入が遅れ、ローミングの廃止が遅れています。

深刻な問題は、特にロシアでは、連邦国家に対する一般の人々の認識が低いことです。MGIMOでも、ほとんどの学生がその存在やチャンスを知らないのが現状で、せいぜい10人に1人というところです。ベラルーシでは、もちろん状況はずっと良いのですが、国民の大多数は、ロシアにいるベラルーシ人のための多くの特典は連邦国家とは関係ないと考えています。

連邦国家建設を成功させるためには、新しいタイプの経営者であり、画期的なアイデアや仕事の組織形態を持つ若い人たちが、より積極的に前面に出てくる必要があります。さらに、近い将来ベラルーシやロシアの社会や国家の発展を左右するようになる、最もダイナミックでエネルギッシュな社会集団であるところの若者が加わる必要があります。

若者は、社会発展のための戦略的資源です。それは、原料や燃料、財源よりも大切なものです。さらに、連邦国家建設の枠組みの中でベラルーシとロシアの若者を統合することは、精神的なモラルや道徳観、職業的な傾向、さらには伝統や価値観の方向性が今日もなお近いことから、相乗効果をもたらすことができます。

この観点から、最近では、若い人たちへの働きかけが連邦国家の枠組みの中で最も重要な優先事項の一つとなっています。近い将来、ベラルーシ、ロシア、連邦国家の運命の責任は、彼らの肩にかかっているのです。

この仕事は、連邦国家建設の政治、社会経済、教育、文化、科学の各分野をカバーする、多方面にわたる多次元的なものです。その主な目的は、若い世代の社会化を促進し、人間の潜在能力を開発し、連邦国家の機会に基づいて若者の自己実現を図ることです。

ここでは、工学・技術系大学のフォーラム、A.グロムイコ記念CIS若手外交評論コンテスト、「連邦国家のための青年」フォーラム、「祖国の名誉のために」連邦国家の学生の市民・愛国予備役運動、ベラルーシ・ロシア連邦議会付属青年会議所の設立、連邦ディベートリーグなどの枠組みで、青年プロジェクトのコンテストを開催していることを挙げることができます。

A.グロムイコ記念CIS若手外交評論コンテストの入賞者が、ベラルーシ・ロシア地域フォーラムのハイレベル専門家会合に参加し、連邦国家の国家書記であるグリゴリー・ラポータ氏に、連邦国家の将来的発展に向けたロードマップを提示したことは重要です。

連邦国家のベラルーシとロシアの合同学生青年団の動きは発展し続けています。例えば、2019年に特に注目されたのは、全ベラルーシ青年団がオストロベッツの町にある原子力発電所の建設に参加したことです。サンクトペテルブルクの若者はミンスクの地下鉄の建設に携わり、ミンスクの学生はツァルスコエ・セローのフョドロフスキー町の建物と構造物の修理に携わりました。ヴィテブスクの教育チームは伝統的に全ロシア児童センター「オルリョノク」で活動し、グロドノのヤンカ・クパラ国立大学で結成された教育チーム「ネマンの子供たち」は「ロシアの真珠」キャンプで活動しました。

ベラルーシの最近の出来事では、国レベルでの若者への働きかけが不十分であること、より正確に言えば、政府が若者との間に共通言語を持たないことが原因の一つとなっているようです。特に、政権側の選挙活動では、30歳以下はもちろんのこと、40歳以上の聴衆でもなく、50歳以上の聴衆に向けてのアピールがほとんどでした。「カラー革命」の原動力となるのは、ほとんどの場合、若者たちです。

共和国の状況を複雑にしたのは、国民の一部が親欧米的な志向を持っていることもあります。これはベラルーシの歴史解釈の見直しや、ポーランドによる積極的な教育サービス提供、ポーランドカードの発行などの影響を受けています。

同時に、連邦国家が提供する機会とポーランドカードのそれとを比較すると、連邦国家のほうが桁違いにメリットが大きいことがわかります。例えば、社会保障、滞在許可、ビザサポート、医療、税制上の優遇措置、免税措置など、ここでは連邦国家の市民権を持つことのメリットが大きいのです。雇用、ビジネス、文化的分野(博物館、劇場への訪問)などは同等です。ただ、教育の分野では、連合国家の提供する機会がポーランドカードのそれに比べて劣っています。ロシアでもポーランドでも、ベラルーシ人は無料で高等教育を受けることができますが、ポーランドの教育の利点は、ポーランドの大学の卒業証書がEUで認められることです。これは、欧米を志向する若者の一部には欠かせないことです。残念ながら、この問題は連邦国家の枠組みの中でも、ロシア連邦のレベルにおいても解決できるものではありません。

また、選挙後のベラルーシの状況は、パンデミックの状況下で、ベラルーシの若者が国内に「閉じ込められた」という事実によって悪化し、イビサ島やヨーロッパのディスコ、地中海のビーチで解放されるはずだった彼らのエネルギーが、西側諸国によって抗議ムードを鼓舞するために利用されたと考えています。

私は、ベラルーシの指導者たちが、ベラルーシ人の知恵のおかげで、危機を克服することができると確信しています。「カラー革命」のマイナスの影響については詳細を述べずとも明らかなことでしょう。

ベラルーシ人とロシア人を創造的な仕事に結びつけるような画期的なプロジェクトが必要であり、統合が理論的な産物ではなく、課題や脅威に満ちた激動の現代世界で持続的に進歩するための生きたプロセスであることを示すことが必要です。

そのようなプロジェクトの例として、ベラルーシの原子力発電所の建設があります。そのプロジェクトの持つ経済的意義はいうまでもありません。その建設には、ベラルーシとロシアの科学者やエンジニア、設計技師や労働者、学校職員や医師、さらにはすべての世代の代表者が力を合わせました。

大規模な統合プロジェクトとしては、モスクワ、サンクトペテルブルク、ミンスクをヨーロッパへのアクセスで結ぶ高速鉄道の建設や、メリディアン自動車道路、北極圏の開発などが考えられます。ベラルーシの若者が週末にポーランドやリトアニアではなく、プスコフやノヴゴロド、スモレンスクに行くように、ロシア国境地域の文化・観光インフラを整備することも必要です。

私たちは、新たな国際関係のシステムが形成され、経済的な結びつきが再編成され、新たな課題や脅威が出現する時代に生きています。このような厳しい状況の中で、統合を強化し、連邦国家の国民であるベラルーシ人とロシア人の安全を確保し、経済関係を発展させるための共同努力の重要性が高まっています。

ベラルーシでの出来事は、連邦国家建設にとってかわる路線としての欧州統合路線が有効であることを、ベラルーシの反対勢力は理論的にも実践的にも証明できないことを示しました。私たちは、ベラルーシ発展のための行動指針のない、根拠のないスローガンを聞いているだけです。

このような状況下で、ロシア・ベラルーシ統合が、ベラルーシ経済だけでなく、ベラルーシ社会全体、そしてロシアにとっても、互恵的な発展のための唯一の選択肢ではないにしても、優先事項であることは確かです。両国は、経済、科学、教育、文化、そして単純に人間同士の関係で、何千もの絆で結ばれており、それを断ち切ることは、父や祖父の記憶を裏切るだけでなく、彼らの子供たちからまともな未来を奪うことを意味しているのです。

ホームへ

ロシアの専門家らによる国際情勢の解説!無料のメルマガはこちら