来たるべき露米首脳会合 主役としてのプーチン

フョードル・イグナチアディス
ギリシャ・ロシアクラブ「ディアロゴス」理事長

ロマン・プロタセヴィッチの拘束から2日経った5月26日、ホワイトハウスとクレムリンは、バイデンとプーチンの首脳会合が6月16日に開催されることを明らかにした。プロタセヴィッチはベラルーシの「反体制派」として知られており、ここ遠く離れたギリシャにおいても「ネオナチ」として悪名高い人物であるが、彼の拘束の知らせは、ブリュッセルと欧州議会においてはヒステリックな反応を巻き起こした。しかしホワイトハウスは落ち着いた反応を見せている。それはローマのことわざ「Aquila non captat muscas」(「鷲はハエをつかまえない」)ということのようだ。アメリカ政府は、それが適切なものであれ、場違いなものであれ、とにかくも古典時代の言葉を引用するのが好きだということを指摘しておこう。

レイキャビクでのラヴロフ外相との会談の前にアメリカ国務省は、ノースストリーム2への制裁措置は非生産的であり、ドイツのNord Stream-2 AGへの制裁はないとの声明を発表したが、それはいままでに思われていたよりも重要な意味を、国務省がこの会談によせていることを示している。

さらに、コロナウイルスの状況の中で、多くの人が忘れている事実がある。昨年1月、エルサレムを訪問したプーチンは、ホロコースト犠牲者をテーマにしたフォーラムに参加した50カ国の代表に対して、ファシズムに対する勝利75周年を記念した国連安全保障理事会常任理事国の会合を行うことを呼び掛けた。つまり、世界の主要核保有国による首脳会合だ。

フランスと中国は即座にこの提案を支持した。トランプはこの考えに反対ではなかったものの、アングロサクソン諸国は沈黙を守った。イギリスは、その反ロシア路線を考えれば、そのような態度をとったこともうなずけるが、パンデミックの後、アメリカについてはかなり複雑な状況に置かれている。レーニンの革命状況についての考察を引くまでもなく、アメリカはすでに以前のように世界を支配することはできずに、世界もアメリカ政府の指図に従うつもりはないのだ。すくなくとも、世界の大半の国では。

(これはメルマガ会員限定記事です。メルマガの登録はこちらから)

ホームへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です