ゼレンスキー、黒海におけるNATOプレゼンス拡大の重要性を指摘

ウクライナのウラジーミル・ゼレンスキー大統領は、NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長とニューヨークで会談し、黒海におけるNATO艦隊のプレゼンスの強化が重要であるとの考えを示した。ウクライナ大統領府報道部が明らかにした。 「黒海地域における安全保障強化に向けたNATOとの共同努力の重要性について、大統領は黒海におけるNATO艦隊のプレゼンスのさらなる強化、および黒海沿岸各国の相互協力の重要

続きを読む

メルケル首相、25年後の欧州はガスの輸入に依存しない

ドイツのアンゲラ・メルケル首相はウクライナのウラジーミル・ゼレンスキー大統領と会談し、ヨーロッパは気候中立の達成を望んでおり、25年後にはガスの必要量は今よりも大幅に少ないものになる、との考えを示した。タス通信が伝えた。 メルケル首相は、「2050年に向けて一歩一歩、ヨーロッパは気候中立を目指す。それが意味するものは、最悪でも25年後には、ロシアからヨーロッパへのガスはすでに供給されないか、もしく

続きを読む

ラヴロフ外相、「クリミアプラットフォームはいつもの魔女集会」

セルゲイ・ラヴロフ外務大臣は、ウクライナで開かれる「クリミアプラットフォーム」では、欧米諸国が引き続き、キエフ政権の人種主義とファシズムを助長し続ける、との考えを表明した。 Facebook 上で直接放送を聞くことができる。 ラヴロフ外相は、「一週間後、いつもの魔女集会である『クリミアプラットフォーム』が開催される。欧米諸国はそこで、ウクライナ政府によるネオナチズム的、人種主義的風潮を助長すること

続きを読む

ポーランド外務次官、「ノルドストリーム2」の建設阻止への功績を語る

ポーランドのマルチン・プシダチ外務次官はPolskie Radioへのインタビューのなかで、もしポーランド外交の努力がなければ、ガスパイプライン「ノルドストリーム2」はとっくに完成していただろうとの考えを表明した。 プシダチ外務次官はまた、現在、ガスパイプラインの完成を認めるような合意がドイツとアメリカとの間でなされたことに対して、多くの反対の声が上がっていることは当然だと指摘した。 「指摘してお

続きを読む

ベラルーシの政治情勢について

ミンスクにとっての深刻な課題は、ベラルーシの社会で親欧米派の感情が高まっていることです。現在、人口の約4分の1がその影響を受けていると考えられます。しかし、この割合は30歳以下の年齢層でより高くなっています。国内の親欧米派の活動家やNGOの資金調達や活動のネットワークがさらに活発化し、海外でもヴィリニュスやワルシャワを中心に彼らを支援するインフラが充実していくことが予想されます。

続きを読む

ベラルーシにおける政治動員および社会化の手段としての共通の歴史

ポーランドおよびリトアニアとベラルーシ人の歴史的な運命の一致団結は、多くの知識人やベラルーシの社会団体によって喧伝され、A.G.ルカシェンコ政権によっても好意的に受け入れられているが、現代ベラルーシの国家像および民族性を根底から揺るがす「文化的地雷」ともなるのである。

続きを読む

「パリで行われたノルマンディー・フォーマット首脳会談から一年、ウクライナ情勢の現状と展望」ロシアとチェコの専門家による円卓会議

ノルマンディー・フォーマットの首脳会談が開かれたことは、状況打開を予感させる出来事でした。しかし、ウクライナ側は調印した約束を守らず、状況は再び振出しに戻ってしまいました。ウクライナの内戦は相変わらず、ロシアとヨーロッパの間で不和

続きを読む